top of page

適切な対策!オーディオシステムに内在する欠陥を変容させる


全ての内容は雑誌「Audio Art 」No. 425, 113頁 から抜粋されています


編集者 | 蔡承哲



試聴は私自身の住まいで行われました。Chronosの原理はオーディオマニアたちの懐疑心を呼ぶかもしれませんが、実際の効果は確かにオーディオアクセサリーのような向上を示しています。Chronosの統合は、聴覚体験に高い解像度とより豊かな共鳴をもたらします。共鳴のニュアンスは中音域と高音域の領域を超え、ジャズのドラムのような低音の余韻も微妙に変化します。同時に、私自身のオーディオシステムでは、中音域の音が遠くなり、一部の高音域が強調されたトラックはやや攻撃的な特性を示します。入念な検討と熟考の結果、私のシステムではChronosが高音域と低音域の振幅をはっきりと増幅させ、それによって高音域と低音域の高い解像度が生まれ、比較的にリラックスしたボーカルの存在感が生まれると考えられます。実際、多くのオーディオシステムは高音域と低音域の両方にわたる不均衡な周波数応答に悩まされています。Chronosを応用することは賢明な選択であり、システムの究極のパフォーマンスを効果的に向上させるための賢明なオプションです。

関連記事

2024最新版のChronos 音響機器の最適化器 徹底検証

今Chronosの有効性はオーディオシステムと同じ空間に配置されている場合に完全に展開され、電源は必要ありません。このレポートの焦点はChronosの最新バージョンにあります。..究極を追求するオーディオファイルにとって、Chronosはまさに最後の一哩を完成させるのに必要なもの

カーオーディオに応用されると、Chronosは軽々と音質の向上を達成します

驚くべきことに、改造していない、高価でないカーオーディオシステムでも、音像が改善された兆候がありました。この進化の方向性は、私がこれまでにさまざまなカーオーディオの改造を評価してきた経験と一致しています。より明確な実体感は、車内のサウンドステージを明確にし、…

Комментарии


bottom of page