top of page

カーオーディオに応用されると、Chronosは軽々と音質の向上を達成します

全ての内容は雑誌「Audio ArtNo. 425, 113頁 から抜粋されています


編集者 | 蘇雍倫



新しい世代のChronos音響機器の最適化器の進化において、「Chronosはオーディオシステムへの接続は一切不要で、さらに電源の供給ですら必要ありません」というコンセプトが強調される、著しく異なる使用モードがあります。この非常に使いやすい特性から、私は独自の試聴環境でテストを行いました — 車内での徹底検証です。私は車内で音楽を楽しむ時間がかなりあり、典型的なリスニング体験にはかなり精通しています。そこで、Chronosを直接車に持ち込んで試聴することにしました。


最初に、通常Chronosを使用せずに車内でよく聴くいくつかのトラックを聴きました。そして、テストを実施するために、最初に配置した自宅からChronosを取り出し、車まで持って行きました。Chronosを前席のコンソール近くの小さなオープン収納スペースに配置し、同じトラックを比較のために再生しました。非常に興味深いことに、確かに識別可能な違いがありました! 主な音響の進化は、音場は深みが増す感じになります。驚くべきことに、改造していない、高価でないカーオーディオシステムでも、音像が改善された兆候がありました。この進化の方向性は、私がこれまでにさまざまなカーオーディオの改造を評価してきた経験と一致しています。より明確な実体感は、車内のサウンドステージを明確にし、それに新たなエネルギーを注入しています。音像定位感が著しく向上し、その経験は非常に魅力的でした。

関連記事

2024最新版のChronos 音響機器の最適化器 徹底検証

今Chronosの有効性はオーディオシステムと同じ空間に配置されている場合に完全に展開され、電源は必要ありません。このレポートの焦点はChronosの最新バージョンにあります。..究極を追求するオーディオファイルにとって、Chronosはまさに最後の一哩を完成させるのに必要なもの

Comments


bottom of page